Event is FINISHED

新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう ~Vol.1 私たちは何をめざすのか~

Description
めぐみ在宅クリニックでは、2007年4月以来、毎月第3火曜日夜に「地域緩和ケア研究会」として、地域の対人援助職のみなさまと、集い・学ぶ場を開催してきました。このたびの新型コロナウイルス感染拡大を受け、オンラインで全国の有志の皆さまと学び・つながる場として発展させていくことが大切であると考え、エンドオブライフ・ケア協会と合同にて、継続開催して参ります。

 * * * * *

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、それまでの仕事や生活環境が様変わりし、感染に対する恐れや先行きの不透明さに対する不安、物理的な繋がりを失った孤独感や無力感、身体的な不調を含めて、さまざまな苦しみを抱えた人は増え続けています。一方で、このような困難な状況の中で、苦しむ人の力になりたい人は必ず現れます。その志を持った人達が、地域や職種を越えて学び、繋がれる場の1つを提供したいと企画しました。

苦しみは、大きく2つに分けて考えることができます。解決ができる苦しみと、解決が難しい苦しみです。さまざまな技術の発達で、従来の苦しみのいくつかは、解決できる時代となりました。通信技術の発達や医学の発達などで、離れた場所でも、適切な情報を届け、必要な課題解決が行うことができます。一方で、どれほど技術が発達しても解決が難しい苦しみがあります。

その典型例が、人生の最終段階において、今までできていた1つひとつができなくなっていく苦しみです。

「家族に迷惑をかけたくない」

「なぜこんな身体になってしまったのだろう」

「早くお迎えが来ないかな」

「誰にも私の気持ち、わかってもらえない」



これらの苦しみに対して、苦しみの原因をいくらわかりやすく説明しても、穏やかに過ごすことはできません。励ましもなぐさめも、まったく通じない絶望の中で、ではどのような関わりができるのでしょう?

ホスピス・緩和ケアで学んで来たこと。それは、苦しんでいる人は自分の苦しみをわかってくれる人がいると嬉しいという原点です。どんな人が、苦しんでいる人からみて、わかってくれる人になれるのでしょう。それは、説明ではなく、励ましでもなく、聴いてくれる人です。その聴き方にも工夫が必要です。マイナスの気持ち(上記の苦しみ)の言葉を聴くことは容易ではないからです。

苦しむ人が目の前にいたならば、少しでも力になりたいと思う人に、どのように関わるとよいか、ホスピス・緩和ケアで培われてきた関わり方は、参考になると思います。

エンドオブライフ・ケア協会では、これらの知見をもとに、解決が難しい苦しみを抱えた人に対する関わり方について、専門家にしかわからない難しい言葉ではなく、関わる誰もがわかる言葉で、そして、翌日から活用できるような、すぐに使える真似しやすい内容を、実践的なワークを通してお伝えしてきました。

新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう シリーズでは、共通の目的に向かって、一人ひとりができることを、問いをもとに参加者同士で対話を繰り返すことで、明日からそれぞれの現場で苦しむ人と関わる力とすることを狙いとします。

苦しむ人の力になりたい人が集うなか、短い話題提供を踏まえて問いからお互い学び合い、エンパワメントし合える場を、一緒につくっていきませんか。



◆日時:
   第1回:2020年4月21日(火)18:30~20:30(18:00 接続開始)


◆当日の流れ:
  ・話題提供:小澤竹俊(めぐみ在宅クリニック エンドオブライフ・ケア協会)
        新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう ~Vol.1 私たちは何をめざすのか~

  ・小グループセッション:
        最初の問い:あなたが今直面している苦しみとは
        ⇒小グループセッションを数回繰り返します。

◆手段:
   オンライン(Web会議室Zoom)

※お申込みいただいた方へ、事前に接続先のURLをお送りします。Peatixの「メッセージ(受信箱)」またはご登録のe-mailをご確認ください。

※事前に以下リンク(無人のテスト環境)をクリックして、問題なく接続できることをご確認ください。
 https://zoom.us/test

※Zoomの環境設定と操作などは、以下もご参照ください。
 https://endoflifecare.or.jp/zoomsettings/

◆対象:
 対人援助に関わる方と目指す方

◆参加費(お気持ちの額でお支払いをお願いします)
 500円
 1,000円
 1,500円

◆問合せ先:
 https://endoflifecare.or.jp/contact/


   *  *  *


◆進行役:
小澤 竹俊
エンドオブライフ・ケア協会代表理事、めぐみ在宅クリニック院長

1963年東京生まれ。世の中で一番、苦しんでいる人のために働きたい と願い、医師を志し、1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。1991年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。救命救急センタから、2000年より学校を中心に「いのちの授業」を展開。2013年より、人生の最終段階に対応できる人材育成プロジェクトを開始し、多死時代にむけた人材育成に取り組んでいる。





<一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会>

新型コロナウイルス対策のため、さまざまな自由が制限されています。生きていくために必要な仕事ですら自由に行えず、途方に暮れる人も少なくありません。これからどうなっていくのか、先が見えない不安のため、心身共に疲労している人も少なくないことでしょう。

当エンドオブライフ・ケア協会では、いのちが限られる理不尽で不条理な苦しみを抱えた人への援助を学び、関わる担い手を各地に増やす活動をして参りました。その対人援助の基本は、「苦しんでいる人は、自分の苦しみをわかってくれる人がいると嬉しい」という視点です。

今は、先が見えない不透明な状況であり、まさに解決できない苦しみを抱えた人がこれから地域にあふれていきます。このような時だからこそ、それぞれの地域で、“わかってくれる人”として、誠実に関わる担い手が必要と考え、オンラインでの繋がりも大切に、活動して参ります。

HP:https://endoflifecare.or.jp/
直近のイベント:【オンライン開催】新型コロナ・ショックに備えて私たちができること(協会設立5周年)




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#552308 2020-04-19 14:10:26
More updates
Tue Apr 21, 2020
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
オンライン
Tickets
1,500円 SOLD OUT ¥1,500
1,000円 SOLD OUT ¥1,000
500円 SOLD OUT ¥500
Venue Address
オンライン Japan
Organizer
一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会
124 Followers

[PR] Recommended information